行為の道(カルマ ヨーガ)

奉仕

『奉仕(SEVA)こそ、最高の霊性修行(SADHANA)です。神は自ら化身し、失われた霊性を回復するため、 人間に仕えています。それゆえ、人が互いに助け合うとき、神がそれをどれほど嬉しく思うか考えてみなさい。 他人を他人と思わず、神への礼拝としてこれに仕えなさい。そのようなたった一つの行為は、一年中神を思っ て暮らすことにも匹敵します』

 

『人への奉仕は、神への奉仕です』

 

『すべてを愛し、すべてに仕えなさい』

  サティヤ  サイ ババ 

 

 

 

 1)無私の奉仕

奉仕は、サイ オーガニゼーションにとって、最も重要な活動です。サティヤ  サイ ババは、これ が我々の第一の責務であると同時に、人生のゴールへの最も確実な道であると強調なさっています。 サティヤ                                       サイ ババのおっしゃる奉仕とは、人種、宗教、階級を超えた、ハートからハートへの 自然な愛の発露です。困っている、あるいは苦しんでいる人に、物質的な援助を与えることだけでな く、私たちの時間と愛を与えることです。その心をもって、奉仕の行為を重ねるうちに、私たちは徐々 に清まり、意識が高まってゆきます。そしてあらゆる生命の内なる神を認め、私たちがすべて霊的に 一つであることを本当に悟ったとき、小さな自我の影は消え失せます。そのとき初めて、私たちの行 為は、物質的、精神的を問わず、そのような見返りをも期待しない、「無私の奉仕」となるのです。

 

『もっともっと多くの人を愛しなさい。もっともっと強く。愛を奉仕に、奉仕を礼拝にまで高めなさい。それこそが最高の 霊性修行なのです』

― サティヤ  サイ ババ 

 

 2)奉仕の実践

各センター・グループにおける定期的な奉仕活動を実践および拡充していくために、奉仕担当役員 は、会員の意見を集約し、センター・グループの奉仕活動として、常識に沿った注意深い計画を立て ます。そして、センター・グループ役員会の承認を得て、これを実行に移します。センター・グルー プ会長は評議会の方針を確認し、必要であれば地域コーディネーターに相談します。

 

どのような奉仕活動が最も必要とされるかは、それぞれの地域によって異なります。それは例えば、 サティヤ サイ ババの本を図書館に寄付すること、老人ホームや児童養護施設を慰問すること、ある いは身障者の介助をすることかもしれません。このようなさまざまな活動の方法について、センター 間でアイディアや体験を共有し合うようにします。

奉仕活動にかかる費用は、センターの経理の章に定めた方法に従って調達します。グループとして だけではなく、個人レベルでの奉仕活動も、価値のあることです。センターの会員は、毎週各自に見 合った時間を使って、地域、またはセンターに貢献するようにします。サティヤ サイ ババは、そ のために少なくとも週4時間を充てることを勧めていらっしゃいます。

 

『奉仕活動は、それぞれの地域の必要を満たし、問題を解決するものでなくてはなりません。単によその真似をする のは、無知の印です』

― サティヤ  サイ ババ 

 

 

お客さまの声

親身に対応してくれた

〇〇市の××××様
あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・ん

予想以上の品質でした

〇〇市の××××様
あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・ん

代表プロフィール

代表○○○○(名前)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

○○株式会社

03-0000-0000
住所

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1