サイ ガーヤトリー

サイ ガーヤトリーの由来

 

1977年の1224日、クリスマス イブの夕方に、バンガロール郊外にあるホワイト フィールドのブリンダーヴァン〔スワミのアーシュラム〕で、当時インド最高のヴェーダの学者と言われていたガンディコータ スッブラマンニャ シャーストリー氏が、スワミの促しによってスワミの学校の教師陣と学生たち、そして一部の帰依者たちに向かって講演をしていました。その講話の途中で、スッブラマンニャ シャーストリー氏は、突然神聖なマントラの啓示を受けて、言葉が話せなくなりました。同氏は、スワミの特性や行動をヴェーダ文献に照らしてつぶさに研究し、スワミが至高神の化身であることを確信していた人でした。インドでは、昔から第3の目の開いた聖賢はリシと呼ばれていますが、リシという言葉は元来「見る人」という意味であり、「マントラを霊視する賢者」のことです。ですからこのとき、同氏は「リシ」の称号にふさわしく、サイ ガーヤトリーを霊視したのです。その場におられたスワミは、同氏に何が起きたかをご存知で、「みんなにそれを伝えなさい」とおっしゃいました。こうして伝えられたマントラがこのサイ ガーヤトリーです。

 

サイ ガーヤトリーを唱えることによる効果

  

このマントラは、歓喜に関係しています。普通の人間の努力では、アートマ(真我)を覆う5つの鞘(食物鞘・生気鞘・心理鞘・理智鞘・歓喜鞘)の3番目である心理鞘までしか到達することができないと言われていますが、このマントラを唱えることにより、サイの恩寵で歓喜鞘にまで到達することができ、内なる至福に満たされるようになります。また、このマントラは英知の力(グニャーナ シャクティ)を活性化させ、それを唱えることによって、全託を通じた無我の境地が開け、意識のもっとも深いレベルでアートマ(サイ)を意識しながら生きることができるようになると言われています。  このサイ ガーヤトリーは、他のガーヤトリー同様、ヴェーダのマントラと同格です。それは24の文字を含み、各節8文字から成る3つの節からできています。このような構成には、特有の性質が備わっています。マハリシ ヴァラルチの数霊術によれば、マントラの文字すべての数値を合計すると108になります。ですから、108番目の数字の次に来るメール山、ロザリオや数珠の房によって象徴されるスィッディ、すなわち「霊性修行によって得られる超自然的霊力」の充分な効果を認識するためには、このマントラは108回唱える必要があります。神の108の御名を唱えることは、人生の目標である神実現をもたらします。(SSIOJ ヴェーダ総合情報サイトより)

 

サイ ガーヤトリー

 

オーム サーイーシワラーヤ ヴィッ(ド)マヘー
サッティヤ デーヴァーヤ ディーマヒ
タンナッ サルヴァッ プラチョーダヤー(

私たちは、サティヤ サイが神の化身であることを知っています
私たちはこの真理の神を瞑想します
このすべての神のすべてである方が、解脱の道において私たちを導いてくださいますよう、お祈りします

 

 

お客さまの声

親身に対応してくれた

〇〇市の××××様
あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・ん

予想以上の品質でした

〇〇市の××××様
あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむめもやゃゆゅよらりるれろわ・を・ん

代表プロフィール

代表○○○○(名前)

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。

○○株式会社

03-0000-0000
住所

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1